<< 実践 ICONIXプロセス : ステップ3 要求レビュー | main | 実践 ICONIXプロセス : 要求レビュー 小さくやる >>

実践 ICONIXプロセス : 要求レビューのコツ

ドメインモデリングとユースケースモデリングをやったら、必ず顧客、利用者に要求レビューをしてもらう。

要求レビューは、使う側と作る側の理解の違い、意識のギャップを無くすことが目的。

ということは、要求レビュー中に、理解の違い、意識のギャップが見つかる、ということです。 ユーザ側から、なんの指摘もでない要求レビューは大失敗です。
かといって、ユーザ側と開発側とのギャップが大きすぎると、レビューは破綻しますね。

実りのある要求レビューをやるポイントは
・小さくやる
・ユーザの言葉にこだわる
・画面の模型を活用する
の3点です。

いずれも「ユーザーにわかりやすく」が基本思想。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM