<< 「リファクタリング」 もう一つの読み方 | main | 複雑さと戦う : 手続きに注目したリファクタリング >>

複雑さと戦う : データの入れ物 テーブル 

データベースのテーブルに、カラムがずらっと並んでいたら、たぶん、テーブルを分割すべき。
オブジェクトで、フィールドが並んでいたら空白行で分けて、グループごとに名前をつけて、別のクラスを抽出するリファクタリングは、テーブルでも同じですね。

スコットアンブラーの データベースリファクタリング も、カラムの多いテーブルをいや臭い、リファクタリングが必要な兆候としている。

私は、カラムが10を超えるテーブルは、大きすぎると思う。異なる性格の情報を無理やり一つのテーブルに押し込んでいる。

クラスのソースコードなら、とりあえず空白行でちいさなリファクタリングするんだけど、テーブル定義は、それよりはかなりたいへん。
リファクタリングの前に、ちゃんと設計しておきたい。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM