<< 複雑さと戦う : ちいさなちいさなリファクタリング | main | 複雑さと戦う : データの入れ物 テーブル  >>

「リファクタリング」 もう一つの読み方

マーチンファウラーの「リファクタリング」はリファクタリングのパターン集ですが、例として使われているクラス図やソースコードの中身も興味深い。

・顧客と顧客タイプ
・従業員と従業員タイプ
・製品
・出荷
・価格と割引
・請求と請求タイプ

商品販売や出荷のドメイン(問題領域)でよくでてくるビジネスの知識やルールをドメインクラスとして実装する具体例として参考になる。

たとえば、顧客タイプやキャンペーン期間を元に割引率を変える、というルールを、どう実装するか?

どんな単位でデータやロジックをカプセル化するか。その場合、クラス名、メソッド名、フィールド名は、どんな名前のつけ方をしているか。

シンプルな例ばかりですが、ドメインの知識を「データとロジックをカプセル化」して実装する「ドメイン駆動設計」の良い具体例です。

「リファクタリング」にでてくるのは、ドメイン層のクラスばかりです。
Domain Model パターンの実装コードの例として参考になります。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM