<< 実践 ユースケースモデリング 代替コース 入力検証 範囲・長さ | main | 実践 ユースケースモデリング 代替コース 不一致、重複 >>

実践 ユースケースモデリング 代替コース 入力検証 不一致、重複

ユースケースの代替コースの多くは、入力の妥当性検証。
代表的なのは「必須」「型」「長さ」「範囲」の4つ。できれば(数字や文字列という基本型ではなく)ドメインオブジェクトとして定義して、ユースケースの妥当性検証は「型チェック」中心でやりたい、と書いてきました。

書きながら発見したことを忘れないうちに、項目だけ書き留めておきます。

・何かに一致する、という妥当性がある。
・重複していない(一意)という妥当性がある。

・「型の妥当性検証」としてしまった場合、画面の具体的なメッセージ内容はどこで定義する?

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM