<< システム設計のパターン言語 | main | パターン言語の候補 >>

映画 オーケストラ

感動コメディというんだろうか?
笑いがあり、涙があり、とっても楽しめた映画だった。

30年前、旧ソ連時代に、政治問題で、首になったボリショイ交響楽団の、オーケストラの指揮者、その仲間、首にしたKGBのメンバーとかが、ひょんなことから、現在のボリショイ交響楽団になりすまして、パリ公演をやったら、大成功、というのが粗筋。背景に、別の人間ドラマがあるんだけど、それは、見てのお楽しみ。

フランス映画らしく、笑いの中のあちこちに、きつい洒落と風刺がちりばめられている。
共産党員の昔と今、ロシアの天然資源成金、キリスト教、ユダヤ人、ジプシー、...

印象にのこったのは、主役(?)の指揮者の「ひとつひとつの音符がハーモニーになりたがっている」という(ような)セリフ。

音符を組み合わせてハーモニーをつくる、という感じではなく、音符(部分)がハーモニー(全体)になりたがっているという言い回しが妙にいい感じ。

コードの一行一行が、役に立つソフトウエアになりたがっている。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM