<< 次工程はお客様 : Customer/Supplier Development Teams パターン | main | Conformist パターン : めをつぶってアリモノを使う >>

RDRA の神崎さんのブログ 「神崎コンサルノート」で

RDRA ( リレーションシップ駆動要件分析 ) を提唱され、要件定義マニュアル の著者である、神崎さんのブログに、この日記のこと、紹介していただきました。

光栄です。

私たちは、要求分析の段階を、RDRA 、ユースケース記述以降の設計・実装を ICONIX (ユースケース駆動開発 ) で、モデリングや設計・実装をやっています。

両方とも、表現方法は、UML ベース。
どちらのやり方も「厳密な UML 表記ルール」には、こだわっていなくて、もっと実践的です。

ドメイン駆動設計(DDD)の「モデル駆動設計(MDD:Model-Driven Design)」パターンを、具体的にやるために、RDRA + ICONIX は、実践的で良いやり方だと思っています。

それぞの解説本は、具体例が多く、現場で陥りがちな落とし穴のチェックポイント、改善方法のアドバイスが、いろいろ参考になります。

DDD の視点では、RDRA の「概念モデル」、ICONIX の「ドメインモデル」を、オリジナルのやり方に比べ、特に、力を入れてやっています。

RDRA の最初から「概念モデル」を描き始め、それを、ICONIX の「ドメインモデル」につなげ、そのまま、「実装クラス」に落としていく、というやり方です。

まだまだ試行錯誤中ですが、RDRA を導入してから、「初期のドメインモデル」をどうやって開発するかの、考え方とやり方が、なんとなくわかってきた、という手ごたえを感じています。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM