<< Shared Kernel パターン は、たぶん アンチパターン | main | Context Map の実装 : ファイル/DB/RPC/メッセージング >>

RDRA (リレーションシップ駆動要件分析) の公式サイト

RDRA (リレーションシップ駆動要件分析) の公式サイトに、このブログへのリンクを追加していただけました。
光栄です。神崎さん、ありがとうございます。

RDRA は、上流工程での問題の整理や、要件定義のやり方に悩んでいた私たちにとって、ほんとうに、救いになった、考え方、やり方です。

同じような悩みを抱えていたり、上流工程や要件定義のやり方に興味がある方には、RDRA に触れてみることを、強くお薦めします。

・上流工程で、どの現場でも発生しがちな問題とその具体的な改善方法が明確
・UML 風(?)の図を中心に、誰でも、簡単に、わかりやすく始められる
・ドメイン駆動設計の考え方とぴったり
・タイムボックス式に、モデルの改善をを繰り返す、反復型なやり方
・レガシーシステムやレガシーな要件定義のやり方も、視野に入った、現実的な処方箋
・ツール(Enterprise Architect) を使って実践するためのテンプレートが無料で提供されているのですぐはじめられる
...

わたしが、RDRA に出会って、よしこれだ、と思ったのは、「実践的」という言葉につきます。

それまでも、上流工程・要件定義をなんとかしたい、とずっと思っていました。
でもいくら勉強しても、

× 形式的で大量のドキュメント作成が発生して、とても実践する気になれない
× 考え方はわかるけど、具体性がなく、現場で役に立たない

というようなものばかりでした。
あるいは、現場にどこから、どうやって導入しようという、筋道が見えなかった。

でも、RDRA は、具体的なやり方が明確で、かつ、短時間の反復を繰り返すという、実践的なやり方なのが気にいった。部分的に、ちょっとずつ導入しながら、だんだんレベルアップしていく、という導入シナリオでいけそうな感じがした。

そして、実際にやってみて、その第一印象がまちがっていなかったことが実感できました。

最近は、「システム価値」の確認からはじめて「システム外部環境」を把握し、「システム境界」を定義して、要件を固めていく、という RDRA のやり方が、だんだん自分たちの標準のやり方になってきた。
まだまだ RDRA ごっこみたいな気もしますが、

・技術者たちが、上流工程に興味をもって参加するようになった
・システムの目的や背景の理解が、格段に向上した

という効果は、はっきりでています。

ここらへんのRDRAの実践話しも、この日記でいろいろ書いていきたいと思います。

(システム価値を明らかにする、コンテキストのモデリングも、RDRA の実践の一部です)

コメント
masuda220さん こんにちは神崎です。
感想ありがとうございます。
このような意見をいただくととても励みになります。
今後の投稿も楽しみにしております。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM