<< 昔は、DOA。今は、ROA。 | main | 大きな一枚岩のクラス vs. 小さなクラスのチーム >>

ドメイン駆動設計・開発の実践

InfoQ に最近掲載されたドメイン駆動設計の記事。

ドメイン駆動設計・開発の実践

記事の内容は、実際の開発プロジェクトで、ドメイン駆動設計を採用する場合の、さまざまな課題、パターン、アンチパターンを取り上げている。

主に、プロジェクトの技術リーダーやアーキテクト向けの内容。

・ドメイン駆動設計のアーキテクチャスタイル、デザインパターン
・コードの自動生成、リファクタリング
・テストの自動化
・継続的インテグレーション
・配置とリリース
・モデルの改良サイクル

・アジャイルな開発のやり方
...

Domain-Driven Design 自体は、モデリングの考え方、やり方にフォーカスしている。
この記事は、その外側にある、さまざまな現実の開発プロジェクトの課題を具体的に取り上げている。

また、アーキテクチャについても

・永続化
・キャッシング
・トランザクション管理
・セキュリティ

など、本格的なアプリケーションでは必ずおきる問題も取り上げている。

あと、Spring フレームワークなどを活用した Java ベースの本格的なソースコードをダウンロードできる。
Spring, Dozer, Spring Security, JAXB, Arid POJOs, Spring Dynamic Modules, Hibernate, ... とまあ、いろいろ駆使している。

ダウンロードはしたけど、さて、この忙しい時に、手を出すか、どうか、まよっている。面白そうなんだけど、はまってしまいそう。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM