<< 実践 ICONIXプロセス : 設計駆動テスト | main | 実践 ICONIXプロセス : DDT と TDD >>

実践 ICONIXプロセス : 設計駆動とV字モデル

テストのV字モデルは、古典的なウォータフォール式のやり方で、最近はあまり良い意味では使われない気もします。

確かに、山のようなテスト計画書、テスト仕様書、テスト報告書、などヘビーなドキュメントワークは実践的ではないですね。
単純なWebアプリケーションを、短期間で作るのには現実的ではない。

しかし、だから、テスト用のドキュメントが無くて良い、とか、V字モデルのさまざまなテストが不要、というのは短絡すぎる。

ICONIXプロセスは、事前にテストの仕様があり、V字型にテストすることは、とても大切だと考えます。
ただし、それを実践的にアジャイルにやることを重視する。

V字の一番底をコーディングとすると、テストのV字モデルは、次のようになります。

・詳細設計  単体テスト
・予備設計  統合テスト
・ユースケース  システムテスト
・要求事項  受け入れテスト
・ビジネスケース リリーステスト

この他、開発プロセスを通じて行うべきテストとして

・非機能要求テスト
・パフォーマンステスト
・ストレステスト
・ボリュームテスト

をあげています。

そして、テストの開始時期は、コーディングのずっと前から始まります。

例:

あるシステムの開発を企画するために、ビジネスでの利用の仕方(ビジネスケース)を検討している時、それは、リリーステストのテストケースの設計である。

こういう感覚です。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM