<< 実践 ICONIXプロセス : モデルと同期する | main | 実践 ICONIXプロセス : 設計駆動とV字モデル >>

実践 ICONIXプロセス : 設計駆動テスト

ICONIXプロセスは、ユースケースをコードに落とし込むプロセスです。
テストについても、ユースケースから単体テストコードに落とし込む(そしてテストする)ことが中心です。
著者たちは、XP というか「テスト駆動開発」には、だいぶ批判的なようです。

JUnit を使って単体テストを自動化する、という点では同じように見えます。ICONIXプロセスでは、どうやって単体テストのテストケースを作成するか、に主眼が置かれていて「テスト駆動開発」には、それが欠けている、という点を問題視しています。

ガイド本「ユースケース駆動開発実践ガイド」の12章「設計駆動テスト」には、単体テスト以外の広い視点のテスト論やテクニックもでてきます。

単体テスト、統合テスト、システムテスト、受け入れテスト、リリーステスト
非機能要求テスト、パフォーマンステスト、回帰テスト、ストレステスト、ボリュームテスト

これらのテストを、正しいタイミングで実施することがたいせつ。

もちろん、ICONIX流なので内容は、

・実践的
・設計重視(事前に定義しておくことを重視)

です。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/12/12 12:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM