<< 実践 ICONIXプロセス : レビューと修正がたいへん? | main | 実践 ICONIXプロセス : レビューは検出だけに集中 >>

実践 ICONIXプロセス : 警報が鳴っている

コードのレビュー、コードとモデルも修正、そのフォローアップ。
そんな時間が取れない。最初は私もそう思いました。

でも、ICONIXプロセスでは、ほんとうは、コードレビューとモデルの修正は短時間でさらっと終わる作業のはずなんです。

さらっとできないとしたら、それは警戒警報です。

・プロセスのどこか(コードを書く前)に問題がある
・開発メンバーに、技術的な取り決めが浸透していない
・レビューのやり方がおかしい

コードレビューがたいへんだと感じたら、この三つの視点で自分たちのやり方を見直しましょう。

私たちの場合は、最初は、三つとも問題でしたし、今でも、程度の差はあれ、三つの問題が残っています。
でも、最初のころに比べたら、コードレビューの時間は明らかに短縮してきている。

ICONIXプロセスのやり方と、実装技術(アーキテクチャ)にだいぶ習熟してきた証しだと思います。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM