<< 実践 ICONIXプロセス : シーケンス図アンチパターン | main | 実践 ICONIXプロセス : 詳細設計レビューの目的 >>

実践 ICONIXプロセス : 詳細設計のまとめ

詳細クラス図を作る

ICNONIXプロセスの詳細設計は、詳細クラス図を作る作業です。

ユースケースを絵にする

ロバストネス分析で、ユースケースを絵にしてユースケースを検証しました。(ロバストネス分析)
詳細に設計するために、今度も、ユースケースを絵にしてみます。(シーケンス図)
ロバストネス分析では概念クラスで絵にしました。
詳細設計では、実装クラスを追加して、ユースケースの実現手段を絵にします。

シーケンス図

詳細クラス図を作るために、ユースケース記述のステップを追いながら、メッセージを追加していきます。
シーケンス図作成は目的ではなく、詳細クラス図を作るための手段です。

特に、クラスに操作を割り当てるために、シーケンス図を使います。

シーケンス図は、目的ではなく手段です。
目的は、詳細クラス図の完成です。

詳細クラス図を検討する

詳細設計は、詳細クラス図から始まり、詳細クラス図で終わります。

シーケンス図を書き始める前に、詳細クラス図を念入りに検討し、その時点で発見・追加できるクラスは追加しておくべきです。

アプリケーションのデザインパターンがあれば、それを、シーケンス図を描き始める前にクラス図に追加してもかまいません。

大半の時間を、詳細クラス図(静的モデル)の検証と改良に使ってもかまいません。
ただし、ユースケースを実現していることを保障するために、かならず、シーケンス図で、ユースケースのそれぞれのステップをどう実現するかを確認すること。

レビューの準備

詳細設計のレビューに進む前に、詳細クラス図を時間をかけて念入りに検討します。
コードに落とし込める状態、コードを自動生成できる状態になっているか?

別のやり方

単純なシーケンス図を作成して、コーディング環境でクラス図を完成させる、というやり方もあり(だそうです)。
私は、このやり方は進めません。設計とコーディングの分離があいまいで、結局、設計にもコーディングにもバグが紛れ込みやすい、やり方だと考えるからです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM