<< 役に立つソフトウェア : プログラムとデータ | main | 役に立っていた(?) google >>

役に立っていない Outlook

会社では、メールソフトは、Microsoft Outlook.

役に立っています。メールでやりとりしている情報は、仕事に必要な情報ですから。でも、役に立っているのは「データ」が役に立っているからです。

プログラムとして Outlook は役に立つソフトウェアではない。

自分がやりたいことが、簡単にできるようになっていない。
メールを整理したいんだけど、整理のしかたがとにかく面倒。

一覧の並べ替えメニューだけで13アイテムもある。おまけに、カストマイズ機能まで付いている。

差出人で探したい時に、並べ替えてスクロールとか、検索条件入力とか、余計な作業が必要。

メールの多い順に差出人のリストがあって、差出人をクリックすると、日付け順にならぶ、特に最近3日以内。

最近3日も、営業日ベースが良いな。営業日以外は受信メール数は極端にすくないから、メールの数だけで営業日を判断してくれれば役に立つ。

仕訳ルールも恐ろしく面倒ですね。
キーワードを指定したら、ワンクリックで、件名や内容にその単語を含むメールを、キーワードを名前にしたフォルダを作って、勝手に放り込んでくれれば十分なんですけどね。

ウィザードは(ソフトェアが)私は馬鹿です。何も知りません。しつこく質問させてください。という象徴で、私は大嫌いです。

メールの実務的な使い方の知識(問題領域の知識)をソフトウェアが知っていて、ワンクリックでそういう操作ができると、役に立つソフトウェアになるんですけどねえ。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM