<< 実践 ICONIXプロセス : 要件定義 | main | 基本設計 : システムの実現方式 >>

自分でやるなら  教えるなら

自分でやるなら、XP というか、ホワイトボート使いながら顧客とおしゃべりしながらやるかなあ。 毎日、分析・設計・コード・テストというリズムは好きですね。技術の話より、お客さんのビジネスや業務の話すの好きだし。

ICONIXプロセスでいろいろ知識と経験を積めば、今の若いメンバーたちも XP 流でやれる力量を持ってほしいと思う。

業務用語がほとんどキャッチできない。要件定義のポイント、モデリングの基本パターン、設計の常識、フレームワークの使い方、どれも怪しいメンバーを、いきなり XP 流の世界にというのは、やっぱり躊躇します。

特に、業務用語を聞きとって理解する訓練が足りない。その訓練には、 ICONIXプロセスのドメインモデリングが効果があると実感している。

・どんな言葉をドメインの用語ととらえるか?
・用語(概念)と用語(概念)の関係は?
・今の問題領域の中核は?

絵にしてみると、面白いように、理解の違いが浮かび上がってくる。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM