<< XP, ICONIX, ウォーターフォール : 要件定義 全体像を描く | main | XP, ICONIX, ウォーターフォール系 : 要件定義 用語集(概念モデル) >>

XP, ICONIX, ウォータフォール系 : 要件定義 一度にひとつ

ある程度の全体像がつかめたら、その次はどうするか?

アジャイル(機敏)なやり方

XP や ICONIX のようにアジャイル系のやり方は「一度にひとつ」のことを具体化していく。 一つのユースケースを、要件を詳細に確認しながら、実装しリリースまでしてしまう。で、次のユースケースを一つ選んで、また要件の詳細確認・実装・リリース。繰り返し(イテレーション)ですね。

詳細な要件の確認と実装は短い時間でやるから、その間に要件や要件の前提条件が変わることはない。
「一度に一つ」片付けていくから、それぞれのユースケースの要件の詳細は、実装直前の要求や条件を反映できる。

全体の進捗は、実際に使える機能(ソフトウェア)の量で確認できる。

ウォーターフォール系のやり方

全体を「一度に一段階ずつ」具体化していく。
概要から一段階ずつ詳細化していく。
概念から一段階ずつ物理実装に近づけていく。 

全体をカバーするために、最初は小数のメンバーで概要を、詳細化が進むにつれ、メンバーを追加して、全体が同時に進むようにする。
スケジュールの前半は、動くソフトウェアはどこにもない。ドキュメントだけ。最終日に一斉にすべてのソフトウェアが動きだす。

縦か?横か?

XP や ICONIX の要件定義は、ある程度の範囲を決めたら、ここぞと思う場所を一気に掘り下げる。井戸を縦に一本掘ってしまう感じ。それが終わったら、他の場所で、井戸を毛一本。

ウォーターフォール系の要件定義だと、範囲全体を1メートルずつ段階的に掘り下げていく感じ。地層を一枚ずつはがしていく感じかな?

変化に機敏(アジャイル)に対応する

アジャイルなやり方を実践していることが多いのは、一般消費者向けのインターネットサービスのためのソフトウェア開発だと思います。

この世界、何がほんとうに消費者の満足につながるか誰も予見できないし、競争環境や技術環境の変化も予見しにくい。つまり、要件定義が難しい。

大まかな構想を決めたら、XP や ICONIX で「一度に一つ」ずつ要件固めてリリースまで持っていく。結果を見て、途中で、構想自体を変えるのも当たり前の世界。

変化へのすばやい適応能力が勝負どころになる分野、変化が予見しにくい分野では、アジャイルなやり方のメリットが大きいと思う。

重装備で準備をはじめちゃうと、身動きが取れなくなる。途中で大きく方針変更したり、中断する場合のダメージも大きい。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
  • 番号より名前。 ニーモニックコードより名前。 【パターン】
    師子乃 (03/10)
  • Smart UI が優れている?
    masuda220 (03/10)
  • Smart UI が優れている?
    kagehiens (03/09)
  • オブジェクト指向プログラミングの教え方?
    masuda220 (12/05)
  • オブジェクト指向プログラミングの教え方?
    ZACKY (12/04)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (08/14)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    kompiro (08/14)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (06/13)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    JHashimoto (06/13)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (02/28)
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM