<< 実践 ICONIXプロセス : 要件定義から実装まで | main | 実践 Domain-Driven Design : Entity と Value Object の区別 >>

オックスフォード大学 演劇協会 (OUDS)

 オックスフォード大学演劇協会の「ロミオとジュリエット」の公演を東京芸術劇場で観劇した。

シェークスピアの戯曲は、韻を踏んだセリフが多く、それを生の英語で楽しめるかと期待して出かけてみた。

残念ながら、役者たちはそれほど、韻にこだわった言い回しはしていないようだし、発音もいまいちクリアじゃなかった。

英語として聞き取れなくても、音楽のような感じで楽しめるかもと、勝手に期待したこっちがいけなかったと反省。

彼らは、総合芸術である演劇として全体表現をやろうとしているのだから、韻だけにこだわった、こちらが的外れだったということ。

まあ、2時間それなりに楽しめた。エネルギーは感じるが、荒削りという感じですね。ちょっと自己陶酔・自己満足的な臭いも感じたけど、それもエネルギーの一部でしょう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
  • 番号より名前。 ニーモニックコードより名前。 【パターン】
    師子乃 (03/10)
  • Smart UI が優れている?
    masuda220 (03/10)
  • Smart UI が優れている?
    kagehiens (03/09)
  • オブジェクト指向プログラミングの教え方?
    masuda220 (12/05)
  • オブジェクト指向プログラミングの教え方?
    ZACKY (12/04)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (08/14)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    kompiro (08/14)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (06/13)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    JHashimoto (06/13)
  • 「オブジェクトの設計力」 スキルアップ講座やります
    masuda220 (02/28)
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM