<< 実践 ICONIXプロセス : 業務系メンバーのドメインモデル | main | 実践 Domain-Driven Design : ユビキタス言語パターンの実践 >>

実践 ドメインモデリング : 業務側の強み+技術側の強み

業務系メンバーのドメインモデルは、業務用語が豊か。
技術系メンバーのドメインモデルは、構造の整理が得意(好き?)。

だから、両者の良いところを融合するれば良いドメインモデルができる。

出発点は、業務用語です。(ドメイン駆動)

技術系メンバーが見落としていたり、理解があやふやな業務用語を明確にする。蛍光ペンでマークする。

理解があやふやでも、そういう「用語(概念)」が必要なんだということを、まず全員の共通理解にする。 蛍光ペンのマークは、まだ理解が怪しい、という文字通りの「マーク」です。

だいたいの配置は、業務系メンバーが主体でやる。 業務の流れと、アクター(部門や役割)別などを意識して。

用語のリストアップとだいたいの配置が共有できたら、技術系のメンバーが主体で集約や汎化関係を描き始める。

業務系メンバーが、その汎化や集約がしっくりくるか、確認する。

こんなセッションをちょっと続ければ、お互いの理解の溝は急速に縮まります。
セッションの最中に「ああそうか」という小さなブレークスルーはなんかも起きるし、うまくいけば、「そうか、これだ」と大声をあげたくなる、大きなブレークスルーが起きる。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
技術講座専門の『JTEX』
生産管理、品質改善やコストダウン。技術系ビジネスマンの技術向上や  ビジネスマンとしての基礎から管理職のノウハウまで…すべて通信教育  で学べます!  技術系に特化したプレゼンテーション英語なんて、他の英会話学校じゃ  学べない!  利用企業数6,000社以上
  • 時給拾円未満
  • 2008/09/01 7:12 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
システム設計日記を検索
プロフィール
リンク
システム開発日記(実装編)
有限会社 システム設計
twitter @masuda220
selected entries
recent comment
recent trackback
categories
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM